仕事での活躍と時間に対する意識の強さ

周囲から見て仕事ができる人という印象を受ける人は、能力も高くて努力も重ねていて、昼夜を問わずにいつも仕事に没頭している人ということがよくあります。
仕事の虫ともよく言われますが、それが能力の向上に結びついて活躍につながっていることはよくあるでしょう。

しかし、看護業界ではそのような人はそれほど目立っていません。
確かに仕事に没頭している人は多いものの、その人が仕事ができる人という印象を周囲に与えていることはあまり多くないのです。
もともと残業が多い業界という特徴もあり、むやみに働いている姿を見るとかえって仕事ができない人という印象を与えてしまうことすらあります。
むしろ仕事で活躍している人の多くは時間をきっちりと守って働けている人ということが多いのです。
時間通りに働こうという意識を持ち始めたことによって、いつの間にか活躍できる看護師に変わってしまう場合もあります。
何となく残業してしまう状況ができている業界なのも確かであり、定められた時間までにしっかりと仕事を終わらせようという気持ちを持っていない人も多いのです。

その問題点に気づいて時間通り働くことに執着した人ほど仕事できる人として周囲から見られるようになっています。
時間に対する意識の高さは活躍している看護師の大半に共通する特徴であり、看護業界で必要とされている意識の持ち方です。
活躍するために必ずしも仕事に没頭する必要はないという理解をしておきましょう。