仕事ができる人に仕事は集中する

看護師の人材不足は看護業界における切実な問題の一つであり、十分な人材を確保してゆとりを持って働ける職場環境が整えられていることはあまりありません。
むしろ不足が顕著になっていて仕事に忙殺されてしまう状況が生まれている職場もあり、毎日のように残業をしなければ仕事が追いつかないこともよくあります。
しかし、必ずその日のうちに行わなければならない仕事が多数あるのは医療や介護の現場では必然的なことでしょう。

現場の仕事をできるだけ効率的に処理していくためには、仕事ができる人に多くの仕事を担ってもらって何とかして全ての業務を終えられるようにすることが必要になっています。
仕事が処理できないような状況になっている職場ほどそのような傾向は強く、仕事ができる人には仕事が集まりやすい傾向があるのは否めません。

自分だけなぜ仕事の量が多いのかと不満に思う看護師もいないわけではありませんが、実際には不満に思うよりも良い機会だと考えている看護師も多いのが事実です。
仕事が多いということはそれだけ経験を積めるということに直結します。
余力があるからという理由で複雑なケースを割り当てられることも多く、それなでにはなかった看護経験を積めることも多いでしょう。
それを通して能力も伸びていくことになり、ますます他の人との能力差が開いていくのが仕事ができる人の特徴です。
現場で重宝されるからこそ、必然的に能力を伸ばせる職場環境ができています。